申し込み方法の確認|車検なら格安の業者に任せる【申し込みが楽】

車検なら格安の業者に任せる【申し込みが楽】

ミニカーと人形

申し込み方法の確認

作業員

車検をこれから通したいならまずは予約を事前に行なっておくことが重要になってきます。車検の予約はサイトから気軽に行なうことができるでしょう。予約の確認がとれたら専門業者からの電話かメールが届くようになっています。車検に関する日時や必要書類などの報告が行なわれるのでメモはとっておくようにしましょう。車検当日で必ず必要になってくるのが、自動車車検証、自賠責、自動車納税証明書などになります。他にも印鑑や現金にクレジットカードの準備が必要になるケースもあるので専門の業者の説明はきちんと聞いておくようにしましょう。車検を受ける日では、国家整備士が検査を行なってくれます。このときに走行に支障がでる不具合が発生する箇所が見つかったときは本人立ち合いのもとで説明を行なってくれます。このときに正確な見積もり金額がわかるので納得できるようなら車検を通してもらうようにしましょう。整備士が車両の不具合を整えたあとに再度検査を行なって不具合がなければ持ち主に引き渡しという流れになっています。ほとんどのところでは支払いは車両を本人に引き渡しと同時に行なわれているのですが、前金で支払いをお願いするところもあるので事前に確認はとっておくようにしましょう。

車検の切れた車を走行すると免停となってしまうので度々車検証の確認はとっておくようにしましょう。車検は切れるまえに入れておくのが原則となっていますが、万が一に切れてしまったときは、役所などに行って仮ナンバーの発行を依頼しましょう。仮ナンバーなら車検を通すための1日から2日間の公道で走行してもよいことになっています。しかし、仮ナンバーの期限が切れてしまうと同じく免停となってしまうので注意しましょう。